『クロユリ団地』 ネタバレ感想

kuroyuri.jpg



感想 ★☆☆☆☆

『リング』などで有名な中田秀夫が監督した作品。主演に前田敦子、成宮寛貴と知名度のある役者を配し、制作委員会に入っているTBSが宣伝していたので作品自体はよく知られていると思う。興行的にはまずまずだったようだが、世間の評判はすこぶる悪い。だから期待せずに観ました。観終わっての感想としてはなるほど確かに面白くはない。とはいえ、時間を返せと言いたくなるほど酷くもなかった。自主制作かと思うような安っぽいものとは別物で、ちゃんと映画になっています。一番の敗因は怖くないことですね。

クロユリ団地に引っ越してきた介護師を目指す明日香は、隣人の騒音に悩まされていた。家族に相談しても真剣に考えてくれず不満はつのる。そんなある日、授業で孤独死の話を聞いた明日香はもしやと思い隣室に侵入。そこで死体となった老人を発見する。衝撃的な体験に気落ちする明日香。さらに心霊現象まで体験してしまい彼女は遺品清掃業の笹原に相談したり、団地に住んでいる男の子のミノルと遊ぶことで心の平穏を保とうと試みる。明日香を心配した笹原は知り合いの霊能者に助けを求め、かくして予想外の事実が明らかとなるのだった。

前半部分はヒューマンドラマのような雰囲気で後半からはまさにホラーといった展開になります。しかし皮肉なことに前半部分の方が怖さがあり、ホラー的な演出がなされる後半が怖くない。これは一考の余地があるように思います。前半は意味深な間で違和感を持たせたり、カメラワークなどにも計算が感じられた。対して後半はどこかで見たような印象で平凡。

前半部分に怖さがあると書きましたが、少し不気味さを感じられるという意味であって、話が面白いわけではありません。それでも辻褄は合っているので悪くはない。ホラーでよくあるのが、主人公が勝手に部屋に入って行くシーンですが、この作品では介護師を目指す学生を主人公にし、さらに孤独死の話を聞かせることでその不自然さをクリアしていた。どんでん返しもあってやはり考えられていると感じた。これと比べると後半は安直に見える。最後に炎で焼かれるシーンも全然本物の火に見えない。これだと興醒めしてしまう。




kuroyuri2.jpg




ネットでの評判を見ると、前田敦子の演技が酷いという意見が散見されますが、僕は別に悪いとは思わなかった。演技が下手でひっかかるなんてことはなく自然に観られました。問題は演技ではなくストーリや演出の方でしょう。ホラー作品に求める第一位は恐怖なので怖くないと話にならない。

本作を見ると、やはり若い女の幽霊を使うのが一番いいのかなあと思ってしまう。もうみんな見飽きているし新奇性はまったくないにしても、心霊系に関してはその方が結局怖くなるのかもしれない。本作の子供と老人では恐怖を感じられないため、そうするより他ない気がしてくるのだ。と、そんな考察をするために見る分にはアリだと思います。ただし怖さを求めてこの作品を見るとがっかりするに違いない。



クロユリ団地 スタンダード・エディション [DVD]
Happinet(SB)(D) (2013-10-04)
売り上げランキング: 35,488


テーマ : ホラー映画
ジャンル : 映画

鬱映画と噂の『ミリオンダラー・ベイビー』

m.jpg



感想 ★★★★☆

名優クリント・イーストウッドが監督、主演を果たした本作は第77回アカデミー賞で作品賞を受賞している。その他にも監督賞をクリントイースト・ウッドが、主演女優賞をヒラリー・スワンクが、助演男優賞をモーガン・フリーマンがそれぞれ受賞しており、この年のアカデミー賞を総なめした。人間の信念、生き様が痛いぐらい克明に描かれていて、各賞に選ばれたのも納得。獲るべくして獲ったといえるでしょう。

続きを読む

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

ホラー映画『サプライズ』は『ホームアローン』をグロくした感じ

サプライズ [Blu-ray]
サプライズ [Blu-ray]
posted with amazlet at 17.02.26
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2014-12-03)
売り上げランキング: 8,592


感想 ★★★★☆

パッケージのインパクトに惹かれて予備知識なしで視聴したのですが、予想以上に楽しめました。製作費も安いしB級といえばB級だけれど、安っぽさはなくてちゃんと作られています。ホラーが好きなら観ても損はないでしょう。

続きを読む

テーマ : ホラー映画
ジャンル : 映画

ジジと喋れなくなった理由とは 『魔女の宅急便』 解説 うんちく 

魔女の宅急便 [DVD]
魔女の宅急便 [DVD]
posted with amazlet at 17.02.07
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2014-07-16)
売り上げランキング: 263


この作品はいろんな意味でスタジオジブリの転換点となった。スタジオジブリ制作の四作目となる本作は逆風の中でのスタートだった。今でこそ『ナウシカ』、『ラピュタ』、『トトロ』は人気作だが、劇場の興行成績は振るわず右肩下がりの状況。そんな中でジブリの命運を託された『魔女の宅急便』は、日本アニメーション映画の興行記録を更新する大ヒット作となる。興行収入21億7000万、観客動員数264万619人という成績を残した。これはこの年の邦画ナンバーワンヒット、1978年に公開され空前のヒットといわれた『さらば宇宙戦艦ヤマト』の21億2000万も塗り替えた。

続きを読む

テーマ : アニメ
ジャンル : 映画

ヴァンパイア映画 『フライトナイト』 1985年版 感想



感想 ★★☆☆☆

1985年制作のホラー映画でいわゆるヴァンパイアもの。2011年には『フライトナイト/恐怖の夜』としてリメイクされ、吸血鬼役をコリン・ファレルが演じています。こちらはそのオリジナル版。リメイクされるということはそれだけ評価が高いとも言えます。

続きを読む

テーマ : ホラー映画
ジャンル : 映画

スポンサードリンク
プロフィール

オプ

Author:オプ
よろしくお願いします。
ブログランキングに参加しています。下記をクリックしてもらうと同じ系統のブログがたくさん見られます。

にほんブログ村 映画ブログへ

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
『クロユリ団地』 ネタバレ感想 Jun 06, 2017
鬱映画と噂の『ミリオンダラー・ベイビー』 Mar 04, 2017
ホラー映画『サプライズ』は『ホームアローン』をグロくした感じ Feb 26, 2017
ジジと喋れなくなった理由とは 『魔女の宅急便』 解説 うんちく  Feb 07, 2017
ヴァンパイア映画 『フライトナイト』 1985年版 感想 Jan 23, 2017
カテゴリ
タグ

★★★☆☆ ★★★★☆ 心霊 ★★☆☆☆ 2000年代 80年代 ★★★★★ 2010年代 ★☆☆☆☆ サイコホラー 70年代 90年代 モキュメンタリー ワンシチュエーション モンスターパニック スプラッター ゾンビ 動物パニック ☆☆☆☆☆ ヴァンパイア 60年代 

楽天市場
検索フォーム